面接の質問対策は必須!入社後がイメージできる話し方を心がけよう|Get The Job

準備が大切

面接で緊張しないという人の方が少ないのではないでしょうか?しかし、面接は準備ができるので、きちんと用意しておけば怖くありませんよ。本記事では、面接前に考えておくと良いことをまとめています。

面接でしてはいけない発言ランキング!

no.1

基本的な事業内容についての質問

面接の際に事業内容の詳しいことについて質問するのは構わないのですが、あまりに基本的な質問は事前の勉強不足であり、かなり失礼にあたりますので気を付けましょう。基本的な事が出来ていないのはとてもマイナスです。

no.2

個人的な質問

会話の流れ等があるかもしれませんが、基本的に面接官に個人的な質問をするのはご法度なので第2位になりました。仕事についてのエピソード程度なら構いませんが、結婚や妊娠などプライベートな質問をしてはいけません。マナーが出来ていないと判断されます。

no.3

自分を卑下しすぎる発言

自信がないからこその発言かもしれませんが、あまりに卑下しすぎるのは印象がよくありません。社会人としてはある程度の自信がある人が高く評価されます。

適性テストの答え方

履歴書

面接に臨む時は、ある程度あらかじめ予想できる質問に答えられるよう対策をしておきたいところです。志望動機や自己PRなどの対策をすることは必須ですが、最近では面接の前に企業側が応募者に対して適性があるかどうかを試す適性テストなどが実施されることも多いです。適性テストでは大きく分けて基礎的な能力を測る「能力検査」と「性格検査」があります。能力検査については問題集なども多く発売されているので、事前に問題集などを購入して勉強すれば対策することができます。一方で性格検査については、自分の日ごろのモノの考え方などが問われることが多いです。そのため、面接の前に事前に受けてみて応募した企業に適性があるのか調べておくと良いでしょう。自分がやりたいと希望していたことでも検査の結果、あまり向いていないという結果が出ることも良くあることですから、事前にある程度の適性を知っておくことは大事なことです。

志望動機はどうする

面接

適性テストが終わると面接が始まりますが、面接では絶対に欠かせない質問として志望動機があります。志望動機の答え方次第では採用、不採用に大きく関わりますのでしっかりと対策しておきたいところです。志望動機で気を付けることは単純に「勤務先が家から近い」とか、「休日が多いから」とかいう理由ではマイナスな印象を与えてしまいます。プラスの印象を持ってもらうには、その会社が行っている仕事の内容に興味があるということや企業理念などに共感できるなど積極的な考えや姿勢を見せることです。またこれまでの経験で会社の仕事に関係があることなどをしてきた場合は、それを伝えればより良い印象を持ってもらうことができます。

自己PRのポイント

男性

自己PRをする上でのポイントは、会社に入社出来たらどのように活躍していけるのかということを伝えることが大事です。例えば、応募先が飲食店を経営する会社ならば、ご自身がこれまでの人生で飲食業の仕事を経験してきた過去があるなら「食品提供時は笑顔で提供していた」、「後輩の育成に力を注いだ」などや「在庫管理」、「売上管理」などもこなしていたなど応募先の企業の業務に関係のあることを伝えていくと良いです。もし仕事の経験がない時は学生時代の部活動での経験などを伝えると良いでしょう。面接ではいろいろな質問がされますが、自己PRでは最終的にはあなたが入社後どんな活躍をしていけるのかがわかるように伝えることが大切です。

広告募集中