最高のおもてなしで観光客を迎えよう!東京のタクシー会社で働く!|Get The Job
HOME>トピックス>最高のおもてなしで観光客を迎えよう!東京のタクシー会社で働く!

タクシー業界で働こう

最近盛り上がっている職業としてタクシードライバーがあります。最近では以前では考えられないほど若いドライバーが増えました。また、一般的なタクシーだけでなく介護タクシーなど、特殊なタクシーも表れています。ここでは、タクシー業界で働きたいという人に向けて基本的な知識をまとめています。また、普通のタクシードライバーと介護タクシードライバーの違いもまとめました。

一般のタクシードライバーと介護タクシードライバーの違い

一般的なタクシードライバー

必要な免許は普通自動車免許と普通自動車二種免許です。一部の地域では地理試験が行われる場合があります。

介護タクシードライバー

必要な免許は一般的なタクシードライバーと同じですが取得しておくとよい資格としてユニバーサルドライバー研修があります。高齢者や障害者の方の介助や補助に特化したタクシーです。

タクシー

増える若手のドライバー

日本を訪れる外国人観光客が、過去最高の数字を記録しています。日本国内にはたくさんの観光スポットがありますが、満足度の高さはそれだけではありません。おもてなしの心は世界ナンバーワンと称されていますし、その最たる例がタクシー会社だと言われています。サービスが行き届いた接客は、外国人からも高い評価を受けています。その一方で、懸念されているのがドライバーの不足です。東京においても深刻化していて、タクシー会社は知恵を絞って優秀な人材の確保に努めています。

様々な補助制度

しかし、この状況はタクシードライバーを目指す若者にとってはチャンスと言えます。東京のタクシー会社の大部分が、二種免許取得に関して補助金制度を設けています。また、福利厚生や保育園を設けている会社も増えていて、女性が働き易い環境と言えます。そして、一番の魅力は歩合制度ではないでしょうか。基本給とは別にお得な歩合制度が設定されていて、やる気と情熱があれば年収800万円を超えるドライバーも珍しくはありません。

好きなことを仕事に

東京には世界的な観光名所がたくさんありますし、運転好きな方に最適な仕事がタクシードライバーです。昼間専任のドライバーも可能な会社もありますし、多様なライフスタイルに合わせて働くことが出来ます。オリンピック開催を控えて、ますます盛り上がりを見せる業界です。

広告募集中