【輸出業務と輸入業務に分かれる】貿易の仕事なら英語が使える!|Get The Job
HOME>トピックス>【輸出業務と輸入業務に分かれる】貿易の仕事なら英語が使える!

業務の分類

履歴書

貿易事務で得意な英語を活かしたい人は多くて、貿易事務では海外との売買取引に必要な事務作業を行います。メーカーや商社や保険会社などは、日々海外との取引をしていて、そのために必要な事務作業を行っています。貿易事務の業務は輸出業務と、輸入業務に分けることができます。

語学力を上手く活かす

女性

貿易事務では英語を活用することが多くて、輸出業務ではインボイスや船積み依頼書などの作成を行い、輸出通関の手配などを行います。輸出業務を行うには、輸出業務全体の流れを把握することも大切です。インボイスには輸出する商品の量や価格などが英文で記載されていて、船積み依頼者には書類作成日や運送支払者などが記載されています。輸入業務では海外取引先と英語で電話をしたり、輸入代金の支払い処理をしたりします。輸入業務は商品の保管状況管理や、受け入れた商品が保管場所に届くまでの業務を行います。営業事務でも貿易事務と同じようなことをするので、転職する際にはその経験を活かすことができます。

経験を活かす

語学力が必要とされる貿易事務に応募する時は、英文でメールや文書の作成をした経験をアピールすることも可能です。貿易事務の業務や書類作成や手続きで、貿易に関する専門的な知識が求められます。そのため貿易事務の業務に応募する時は、これまでどの業種でどのような業務を行ってきたかを把握して上手くアピールすることが大切です。英語を使用する業務経験のアピールの仕方を事前に考えることで、求人に成功する確率を高めることができます。

アピールすることを

スピーディーかつ正確な事務処理が求められる貿易事務では、英語力以外にパソコンスキルに関する証明を意識する必要があります。パソコンに関する検定試験をアピールすることも、貿易事務の求人に応募する時に大切になります。エクセルやワードなどの操作スキルは、あらゆる業務を行う時に有益です。貿易事務に必須の資格はないですが、未経験の場合は関連資格を取ることで上手くアピールすることができます。多様な能力が求められる英語事務は、語学力を活かしたい人に人気です。

広告募集中